コピリッチ|最高峰のコピーライティングで世界を豊かに。

コピリッチはコピーライティングを極めて、言葉の力を最大限に活用してビジネスを大きくして、世界に”価値”を提供するためのノウハウをつめこんだブログ。

*

反応率7倍!セミナー案内文の書き方&具体例

      2016/02/11


【この記事を書いた人】住田辰範
セールスコピーライター・ウェブマーケター。「コピーライティング」「セールスコピーライター」でGoogle検索1位獲得。自身のコピーライティング技術をメルマガで全て無料公開していて読者は7000人超。
コピーライタースミダのLINE友だち追加ボタンLINEでもウェブマーケティングの最新情報を発信中
 

 

功するセミナー案内文の共通点はコレ

 

どうも、コピーライターのスミダです。

 

最近、Facebookを使えば、

誰でも簡単にセミナーやイベントの案内を出せますよね。

 

僕のところにも、

頻繁に案内がきたりします。

 

案内が届いたときに、最初にみるのは

セミナーやイベントの名前ですよね。

 

例えば、次の3つのセミナータイトルを見て、

どれに一番人が集まりそうでしょうか?

 

 

1.住田辰範のセミナー

 

2.コピーライティングセミナー

 

3.たった5分で3倍集まる!案内文書き方セミナー

 

 

たぶん、タイトルだけみると、

3番のセミナーに人が集まりそうです。

 

魅力的なタイトルをつけるポイントは

・タイトルだけで内容が分かるようにする

・ターゲットが反応しそうな言葉をつかう

・数字をいれる

 

・・・などなど、他にもいくつかありますが、

それはまた別の記事でご紹介しますね。

 

 

今回は、タイトルをみたあとの

セミナーの内容が書いてある「案内文」の書き方をご説明します。

 

 

セミナー案内文の書き方ポイントはこの3つ

 

1.セミナーに参加するメリットを盛り込む

2.セミナーに参加しないことのデメリットを盛り込む

3.参加するときの不安要素をとりのぞく

 

これから順番に、一つずつ説明していきますね^^

 

 

1.セミナーに参加するメリットを盛り込む

 

Facebookのイベント案内って、誰でも手軽にできちゃうぶん、

毎日2つとか3つの案内がくるんですよね・・・^^;

 

で、案内文を読んでみると、だいたいの案内文には

セミナーに参加するメリットが書かれています。

 

「このセミナーではブログの集客方法をお伝えします!」

 

「当セミナーに参加していただければ、SEO対策はカンペキ」

 

などなど、あなたも一度は読んだことのある

よくある案内文ですよね?

 

たまーに、セミナーに参加することのメリットさえ

書かれていないようなものもありますが、

9割くらいの人は、できています。

 

でも、逆にいうと、

メリットが書かれているだけ、なんですね。

 

そんな案内文には、

次の2つのポイントを盛り込むだけで、

めちゃくちゃ反応率があがります。

 

2倍、3倍の集客効果は当たり前になります。 

 

 

 

2.セミナーに参加しないことのデメリットを盛り込む

 

ノーベル経済学賞を受賞した

ダニエル・カーネマンという人が提唱した

「プロスペクト理論」というのをご存知でしょうか?

 

プロスペクト理論では(非常にざっくり言うと)

 

人間は利益よりも、損失に敏感だ!

 

ってことが言われています。

 

100万円もらったときの喜び度合いよりも、

100万円失ったときの悲しみ度合いのほうが大きいってことです。

 

何が言いたいか、もうお分かりですね?

 

 

そうです。

 

セミナーの案内文を書くときも、

「利益」ばかりを訴求するよりも、

セミナーに参加しない場合の「損失」を教えてあげたほうが、

効果的に価値が伝わるということです。

 

 

先ほど上げた例文に、

損失回避の要素も付けたしてみましょう。

 

 

「このセミナーではブログの集客方法をお伝えします!

今回お伝えする”ブログの書き方3つのポイント”を知らなかったら

必死に毎日ブログ更新しても、無駄な努力に終わる可能性大です。

 

 

「当セミナーに参加していただければ、SEO対策はカンペキ!

SEO対策をせず、検索に引っかからないWebサイトは、

残念ながら、存在しないのと同じなのです。

 

 

どうでしょうか?

 

こんな感じで書いてみると、

「損したくない!」という気持ちが刺激されますよね。

 

 

メリットばかりを並び立てるだけじゃなくて、

参加しないことのデメリットも追加してみてください。

 

たったの一文で、セミナー案内文の

印象がガラッと変わるはずですよ^^

 

 

 

3.参加するときの不安要素をとりのぞく

 

セミナーの案内文の書き方ではココが一番大事です。

 

 

ちょっと想像してみてください。

 

あなたが興味のあるセミナーがあったとします。

 

そんなときに、何の躊躇もなく参加申し込みができますか?

おそらく、ちょっと考えますよね。

 

 

「セミナーの主催者のことを知らないけど、

いきなり参加しても大丈夫かなぁ?」

 

「本当に金額に見合った内容なのかな?

わざわざ時間を割く価値はあるの?」

 

「他にどんな人が参加するんだろう?」

 

「どんな雰囲気のセミナーか知りたい」

 

↑この辺りは、誰しも一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

 

実はこれ、僕がセミナーに参加するときに

気にすることばかりです。笑

 

こういう心配事は誰にでもあります。

 

だからこそ!

セミナー案内文では、これらの不安要素を取り除いてあげる工夫が大事なわけです。

 

この不安要素を取り除くことを

リスクリバーサル

って呼んだりします。

 

 

「このセミナーではブログの集客方法をお伝えします!

今回お伝えする”ブログの書き方3つのポイント”を知らなかったら

必死に毎日ブログ更新しても、無駄な努力に終わる可能性大です。

 

ブログ初心者の人にも分かりやすい内容で、

アットホームなセミナーなので飛び入り参加大歓迎!

肩肘はらずにご参加ください!

 

↑こんな感じで、できる限り心配要素を取り除きましょう。

 

 

人が行動するときには、何かしらの心配要素が付きまとうものです。

 

その心配事を一つずつ”言葉で”取り除いてあげると、

必然的に反応率はあがります。

 

リスクリバーサルは世の中の9割の人が知らないので、

これを使うだけでヤバいくらい良い案内文が書けます。笑

 

 

以上、セミナー案内文の書き方

3つのポイントをご説明してきました。

 

 

 

セミナー案内文の書き方 まとめ

1.セミナーに参加するメリットを盛り込む

2.セミナーに参加しないことのデメリットを盛り込む

3.参加するときの不安要素をとりのぞく

 

今回は、セミナーの案内文に特化して

文章の書き方をご紹介しました。

 

「人を行動させる文章の書き方」を

もっと知りたい!!!

 

という、あなた!

 

是非こちらの心を操るコピーライティング講座

読んでみてください^^

 

 

ではでは、情報発信で豊かな人生を!

 

 

コピーライター

住田辰範

※ネタバレ注意※7852人が知ってるコピーライティングのタネあかし

コピーライティングの無料メルマガへの登録ページへのリンク画像

 

 

 

実は、あなたが今読んでくれたこの記事にも様々なコピーライティングのテクニックを使っています。

 

バンドワゴン効果やツァイガルニク効果、メリットとデメリットの両面提示などなど…

 

読者に共感してもらい、人を動かす文章のマニアックなテクニックを無料で公開していますので、「心を操るコピーライティング講座」を読んでみてください↓

 

⇒【完全無料】心を操るコピーライティング講座 ―0章―

 

 

 

◆LINEでも最新情報をお届けしています!

 

LINE友だち追加ボタン

 

 

 

◆ライティングやWebのこと気軽にお問い合わせください!

 

  • セールスレター・LP・HPなど「費用対効果」にこだわったWeb制作
  • あなたがお持ちのブログ・HPの添削と改善案のご提案
  • ライティングやWeb集客の個人・企業コンサルティング

など、言葉とWebの力でビジネスを拡大するお手伝いをさせていただきます。

 

⇒提供中のサービス詳細やお問い合わせ・ご依頼はこちらから

 

 

 

 - ネット集客術 , ,