コピリッチ|最高峰のコピーライティングで世界を豊かに。

コピリッチはコピーライティングを極めて、言葉の力を最大限に活用してビジネスを大きくして、世界に”価値”を提供するためのノウハウをつめこんだブログ。

*

エッジの効いたセールスコピーライターが勉強すべきこと7つ

      2016/02/11


【この記事を書いた人】住田辰範
セールスコピーライター。煽ることのない文章で商品が売れる自然体なライティングと、文章を使った自動収益化が得意。自身のコピーライティング技術をメルマガで全て無料公開していて読者は7000人を超えている。
 

 

どうも、コピーライターのスミダです。

 

今日はエッジの効いたセールスコピーライターになるために

絶対に勉強すべきことを列挙していきます。

 

普通のセールスコピーライターになりたいのなら、

コピーライター養成講座にでも通って、

コピーライティングを勉強していればオッケーです。

 

⇒普通じゃないコピーライター養成講座はこちら

 

でも、収入的にも能力的にも、

もうワンランク、ツーランク上を目指すなら

人と同じことだけやってちゃダメですよね?

 

というわけで、

 

今回ご紹介するのは、普通とは一味違った

エッジの効いたキレッキレなセールスコピーライター

になるために勉強すべきことにフォーカスしていきますね。

セールスコピーライターが勉強すべきこと

まずは、セールスコピーライターが勉強すべきことを

一覧にまとめてみました。

 

この中に勉強したことのない分野があれば、

その分野の本を2、3冊読むだけで

かなり視野が広がりますよ。

 

1.コピーライティング

 

2.マーケティング

 

3.行動経済学

 

4.ビジネスモデル

 

5.SEO

 

6.哲学

 

7.他の人のセールスレター

1.コピーライティング

コピーライティングを勉強するのは基本中の基本です。

 

読者の心を揺さぶり、信頼関係を構築し、

意図したとおりに行動してもらう文章を書くために

コピーライティングの勉強は必須です。

 

ただ、いろんなテクニックを覚えるだけじゃなくて、

しっかりと人間心理の本質を考えながら

理解していくことが重要です。

 

 

コピーライティングを勉強するのにオススメの本は

現代広告の心理技術101」です。

 

詳細は下記関連記事を読んでほしいのですが、

この本自体が秀逸なコピーライティングでかかれているので

”お手本”としても使えます。

 

⇒読まないとヤバい。コピーライティングを独学で勉強するなら10回以上読むべき1冊の本。

 

2.マーケティング

コピーライティングとマーケティングは

切っても切り離せない関係です。

 

正直、ただ上手に文章を書けるだけのライターはいくらでもいます。

 

結局のところコピーライターの価値は、

「いかにたくさんの商品を売り、売上をあげられるか?」

 

この一点に尽きます。

 

 

どんなに素晴らしいセールスコピーを書こうとも、

そもそも商品のコンセプトやターゲットが間違っていれば、

大きな成果は得られないでしょう。

 

きっちりと「誰に、どうやって」商品を届けるのか

自分の頭で考えられるように、マーケティングの知識を叩き込んで

実践で使えるレベルまでスキルを高めましょう。

 

 

マーケティングの勉強教材としては、

収入直結!実践的なウェブマーケティングの勉強なら教材はコレ1択!』の記事でもご紹介している

新世界アフィリエイト」がオススメです。

 

 

アフィリエイトの教材と言いながら、

もうこれは完全にマーケティングの教材です。

 

セールスコピーライターとしてネットでビジネスしていくなら、

新世界アフィリエイトで語られている

”コミュニティ理論”とかは、もはや常識になりつつあります。

 

3.行動経済学 

「え?セールスコピーライターが経済学?」

と、思われるかもしれません。

 

 

行動経済学とは人間の心理にも重きをおいた経済学で、

心理学と経済学の中間的ポジションの学問です。

 

たとえば、有名なのは

ノーベル経済学賞を受賞したカーネマン教授の

プロスペクト理論」なんかは

コピーを書くときにすごく参考になります。

 

プロスペクト理論では、

人間が利益を得たときの心の動きよりも

損失を被ったときの心の動きが大きいことが

科学的に示されているんですね。

 

だから、「月収100万円稼げます!」よりも

「たった10万円ほどの出費で悩む必要がなくなります」

のほうが効果的なことも多いのです。

 

 

他にも、行動経済学の研究結果は

人間心理意思決定における

興味深い事実をたくさん教えてくれます。

 

どっちもコピーを書くときにめちゃ大事ですからね。

 

そして、行動経済学を勉強すると、

心の深い部分までみえてきます。

 

 

行動経済学を学ぶなら、

カーネマン教授が一般向けに書いた本で

ファスト&スロー」という本がオススメ。

 

人間がいかに不合理な生き物かが分かります。。。

 

4.ビジネスモデル

セールスコピーライターといっても、

ライター以前に一人のビジネスマンです。

 

自営業の人なんかと話していると、

スキル一本だけで頑張っている人と、

自分の事業をひとつのビジネスとして捉えている人とで

全然話の内容が違うんですよね。

 

⇒稼げるノマドワーカーになるには1スキル+ビジネス構築力が必須。

 

セールスコピーライターにしたって、

ただセールスコピーが書けるだけだったら

一生”下請け”であくせく働くことになります。

 

できるだけ付加価値を生み出す”上流”にいかないと

収入の金額も伸びてこないし、ラクになりません。

 

 

ビジネスモデルに関して勉強する教材が

どうしても思いつかないんですよね。

 

たぶん、うまいこと自分の労力をかけずに

お金を稼いでいる人・企業をじっくり観察して

分析するのが一番勉強になります。

 

超手前味噌ですが、とりあえず下記参考記事は読んでください。笑

 

⇒コピーライター必見!フリーランスで年収1000万円を超える5つの方法

 

5.SEO

せっかく苦労して書いた文章も、

人の目に触れなければ存在しないのと同じです。

 

今の時代、なんだかんだGoogle先生と仲良くするのが

一番カシコいビジネス戦略になると思います。

 

Google先生に媚びてサイトを評価してもらうのがSEO対策。

 

これについてはある程度勉強しておきましょう。

 

 

SEO対策について勉強するなら、

書店にいけばたくさん本が並んでいます。

 

何冊か読めばある程度はわかってくると思うのですが、

個人的なオススメは”サイトアフィリエイター”と呼ばれる人たちが

SEOについて語っているブログなんかを読むと

めっちゃくちゃマニアックで勉強になります。

 

僕は、このネトビジュってサイトなんか

ほとんど全記事読破の勢いで読み込んじゃいました。。

 

6.哲学

セールスコピーライターと哲学者・・・

 

どこに共通点があるのか意味不明ですよね。

 

両者に共通点はほぼありません。笑

 

 

コピーライティングに哲学がいる、というよりも、

哲学を学んだときに得られる

抽象的な思考力」が大事だと思っています。

 

 

僕たちは文章に説得力をもたせて、

読者の心を揺さぶっていかないとダメなわけです。

 

そうなったときに、説得力に差をつける要素って何?

 

って考えたときの、僕なりの答えが

抽象性と具体性の振れ幅」だったんですね。

 

抽象的になりすぎると、

意識高い系の学生みたいな中身カラッポの文章になるし、

 

逆に具体的になりすぎると、

それもまた深みを感じない文章になります。

 

 

たとえば、健康食品について話すとしましょう。

 

これは実際に僕と友人で交わされた会話です。

 

僕「トランス脂肪酸って健康に悪いんだぜ。

  ハーゲンダッツにたくさん含まれるんだぜ。」

 

友「でも最近、アメリカの研究で

  トランス脂肪酸が無害って結果も出てるんだぜ?」

 

友「結局のところ、何が本当に有害かなんて結論出せないから

  なんでも少しずつ食べるのが一番のリスク分散だぜ?」

 

僕「そうだぜ・・・」

 

 

どうでしょう?

 

この会話だと、完全に僕がバカで、

友人が頭いい人みたいに見えますよね。

 

単純に僕が論破されているというよりは

具体的な知識しか知らない僕よりも、

抽象レベルの高い思考が入った友人の話が

圧倒的に説得力をもちます。

 

抽象的な話を論理的に話せるようになると強いです。

 

そうなるために、哲学ではなくても、

ビジネス書ばっかり読むんじゃなくて

学問書とか専門書と呼ばれる本なんかで

しっかりと勉強しておきたいですね。

 

なんせ、ライターって言葉を使うプロですもんね。

 

7.他の人のセールスレター

意外にやってる人が少ないのですが、

ほかの人のセールスレターの分析は必須です。

 

ちゃんとしたセールスコピーライターの書いた

セールスコピーだったら、基本的に無駄な言葉は書かれていません。

 

すべての言葉になにかしらの意図を読み取れます。

 

その意図を、一文一文丁寧に読み取っていくことが

セールスコピー上達の近道です。

 

 

もちろん、隠された意図を読み取るためには

それなりに勉強しておくことが必要ですが・・・

 

⇒結局コピーライティングの勉強で写経って必要なの?

 

分からないものは書けないので、

コピーが書けない!と悩むならば

まずはほかの人のセールスレターを読んでみましょう。

まとめ

今回は、

エッジの効いたセールスコピーライターになるために

勉強すべきことを色々とご紹介しました。

 

長々と説明してきましたが、一言でいうと

「コピーライティング以外のことも勉強しようよ!」

ってことです。

 

 

これまた手前味噌ですが、

エッジの効いたライターを目指す人のための

人生を変えるコピーライター養成講座」を無料でやってます。

 

コピーライティングの本や

普通のコピーライター養成講座で教えてくれない

ライターとして食べていくためのスキルを

あれこれ解説していますので、

興味のある方は是非!

 

 

ではでは、今日はこのへんで!

 

情報発信で豊かな人生を!

 

 

コピーライター

住田辰範

※ネタバレ注意※7852人が知ってるコピーライティングのタネあかし

コピーライティングの無料メルマガへの登録ページへのリンク画像

 

 

 

実は、あなたが今読んでくれたこの記事にも様々なコピーライティングのテクニックを使っています。

 

バンドワゴン効果やツァイガルニク効果、メリットとデメリットの両面提示などなど…

 

読者に共感してもらい、人を動かす文章のマニアックなテクニックを無料で公開していますので、「心を操るコピーライティング講座」を読んでみてください↓

 

⇒【完全無料】心を操るコピーライティング講座 ―0章―

 

 

 

◆LINEでも最新情報をお届けしています!

 

LINE友だち追加ボタン

 

 

 

◆ライティングやWebのこと気軽にお問い合わせください!

 

  • セールスレター・LP・HPなど「費用対効果」にこだわったWeb制作
  • あなたがお持ちのブログ・HPの添削と改善案のご提案
  • ライティングやWeb集客の個人・企業コンサルティング

など、言葉とWebの力でビジネスを拡大するお手伝いをさせていただきます。

 

⇒提供中のサービス詳細やお問い合わせ・ご依頼はこちらから

 

 

 

 - コピーライターで稼ぐために , ,