コピリッチ|最高峰のコピーライティングで世界を豊かに。

コピリッチはコピーライティングを極めて、言葉の力を最大限に活用してビジネスを大きくして、世界に”価値”を提供するためのノウハウをつめこんだブログ。

*

たった6分で文章力が飛躍的にあがる本【6分間文章術】

      2016/02/11


【この記事を書いた人】住田辰範
セールスコピーライター。煽ることのない文章で商品が売れる自然体なライティングと、文章を使った自動収益化が得意。自身のコピーライティング技術をメルマガで全て無料公開していて読者は7000人を超えている。
 

 

中野巧さんの6分間文章術って本がスゴい!

 

どうも、コピーライターのスミダです。

 

今回は、

「手っ取り早く文章力をあげる本」

をご紹介します。

 

 

それが中野巧さんが書いた

6分間文章術 想いを伝える教科書」。

 

 

この本のすごいところは、

文章作成ノウハウの洗練されたシンプルさ。

 

上手な文章を書くための本って色々とありますが、

ほとんどの場合、うまく文章を書くときのポイントを

何十個も列挙してあるパターンがほとんどじゃないですか?

 

 

ところが、この「6分間文章術」に書かれているのは

たった1つの「文章を作成する方法」が書かれています。

 

いわば、文章を書くための”ひな形”を教えてくれるんですね。

 

 

本に書かれている手順通りに書いていけば、

本当に”いい文章”が書けます。

 

文章力を鍛えたい!という人にとってはまさに必読書。

 

10冊の本を読んで、小手先のテクニックを100個覚えるより、

この6分間文章術を一冊だけ読んで、

実践的な文章作成術を学んだ方が圧倒的に有意義です。

 

 

そもそも”文章力”とはなんなのか?

 

さきほど、サラッと”いい文章が書ける”なんて言いましたが、

そもそも”いい文章”ってなんなのか?

”文章力”ってなんなのか?

ってところを考えてみたいと思います。

 

一言に文章力といっても、その基準はその時々で変わります。

 

例えば、かしこまった挨拶文なんかだと

正しい日本語で、きっちりとした文法で書くのが”いい文章”と考えられます。

 

でも、メールで気になるあの子をデートに誘う場合だと、

あの子のハートをガッチリとつかめる文章こそが正義で、

文法なんて全く関係ありませんよね?

 

6分間文章術では、どちらかというと

後者の文章力を鍛えてくれる本になっています。

 

この本を読んでも、正しい文法は身につきませんが、

人の心をつかみ、あなたの思い通りに行動させる文章

が書けるようになります。

 

セミナーの案内文とか、チラシにのせる文章とか、

あるいは集客用のブログやWebサイトをつくるときとか、

めちゃくちゃ役に立ちます。

 

 

実は僕自身も、6分間文章術にはかなりお世話になっていて、

ちょっとした案内文とかチラシの文章を書くときは

まずは6分間文章術をつかって書くことにしています。

 

実際に、この本の通りに書いてみると

反応率が2倍になるなんてことも珍しくありません。

 

6分間文章術という本のすごいところは

ただの文章力をあげる知識を与えてくれるだけでじゃなくて

実践で使える技術を提供してくれること。

 

 

 そして、

その技術がどんな文章にも応用できちゃうところがこれまたすごい!

 

 

文章力をあげるコツは”型”を覚えるコト

 

今まで僕も何十人、何百人の人に文章の書き方を教えてきましたが、

人の心を動かし、行動までも変えてしまうような文章を書くためには

いくつものテクニックを覚えるのではなくて、

たった一つの”型”を身に付けたほうが、圧倒的に上達が早いです。

 

人を動かす文章のひな形にはいくつか種類がありますが、

6分間文章術の本の中に書かれている「エンパシーチャート」を作る方法だと

文章を書き慣れていない人でもすぐにいい文章が書けるはずです。

 

さすがに6分間で文章ができあがるわけではありませんが、

30分とか1時間でプロのライターさん顔負けの文章を書くことだって

全然不可能じゃないレベルです。

 

”型”を身に付けるという意味でも、

6分間文章術は一読の価値はありますよ!

 

 

6分間文章術の内容は?

 

詳しい内容は、実際に本を読んでもらうのが

一番はやいと思いますが、簡単に内容を紹介すると

 

6分間文章術に書かれているのは

「エンパシーチャート」の作り方。

 

エンパシーチャートというのは、

こちらの公式Webサイトにのっている

6マスに区切られたシートです。

 

この6マスの中にそれぞれ

 

1.文章を読んだときに読者に抱いてほしいポジティブな感情

 

2.文章を通して読者に求める行動

 

3.ポジティブな感情を抱いてもらうために必要な言葉がけ

 

4.文章を読んだときに読者が抱くであろうネガティブな感情

 

5.そのネガティブな感情がでてくる背景・本音

 

6.ネガティブな感情を打ち消す言葉がけ

 

これらのことを考えていきます。

 

 

話し出すと長くなるので、今回は詳しく説明しませんが

この6つの項目を考えたうえで文章を書くことは

人を動かす文章を書く上で、かなり理にかなっています。

 

ポジティブな感情を起こさせて行動を促し、

逆に行動を邪魔にするネガティブな感情を打ち消すので、

当然ながら、あなたの意図したとおりに動いてくれる可能性が大きくなります。

 

 

興味のある人は「6分間文章術」を読んで、

自分でエンパシーチャートを書いてみてください!

 

見違えるほど上手な文章が書けるはずです^^

 

 

ちなみに、もっと本格的に文章力をあげるんだったら

絶対に10回は読むべき本を紹介した記事も合わせて読んでみてください!

 

 

ではでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

情報発信で豊かな人生を!

 

 

コピーライター

住田辰範

※ネタバレ注意※7852人が知ってるコピーライティングのタネあかし

コピーライティングの無料メルマガへの登録ページへのリンク画像

 

 

 

実は、あなたが今読んでくれたこの記事にも様々なコピーライティングのテクニックを使っています。

 

バンドワゴン効果やツァイガルニク効果、メリットとデメリットの両面提示などなど…

 

読者に共感してもらい、人を動かす文章のマニアックなテクニックを無料で公開していますので、「心を操るコピーライティング講座」を読んでみてください↓

 

⇒【完全無料】心を操るコピーライティング講座 ―0章―

 

 

 

◆LINEでも最新情報をお届けしています!

 

LINE友だち追加ボタン

 

 

 

◆ライティングやWebのこと気軽にお問い合わせください!

 

  • セールスレター・LP・HPなど「費用対効果」にこだわったWeb制作
  • あなたがお持ちのブログ・HPの添削と改善案のご提案
  • ライティングやWeb集客の個人・企業コンサルティング

など、言葉とWebの力でビジネスを拡大するお手伝いをさせていただきます。

 

⇒提供中のサービス詳細やお問い合わせ・ご依頼はこちらから

 

 

 

 - コピーライティング教材 , ,