コピリッチ|最高峰のコピーライティングで世界を豊かに。

コピリッチはコピーライティングを極めて、言葉の力を最大限に活用してビジネスを大きくして、世界に”価値”を提供するためのノウハウをつめこんだブログ。

*

コピーライティングを独学で勉強するなら10回以上読むべき1冊の本「現代広告の心理技術101」

      2017/10/01


【この記事を書いた人】角田正則
セールスコピーライター。煽ることのない文章で商品が売れる自然体なライティングと、文章を使った自動収益化が得意。自身のコピーライティング技術をメルマガで全て無料公開しているのが唯一の自慢。
 

 

どうも、コピーライターの角田です。

 

今日はコピーライティングを独学で勉強するときに絶対に読まないとヤバいであろう1冊の本をご紹介します。

 

あんまりヤバいヤバいって連呼してると、

 

(え、コピーライターとか言いながら語彙力ヤバいよ・・・)

 

そんなことを思われてしまうので、「ヤバい」を使うのはこれで最後にします。

 

とりあえずコピーライティングを独学するなら読むべきなのが「現代広告の心理技術101」という本。

※インターネットのみの販売で、書店には売ってません。

 

 

書店に行けばコピーライティングの本はいくらでもあります。

 

Amazonの検索窓に「コピーライティング」と入力すれば、オススメ書籍がズラッとでてきます。

 

「他の本でも似たようなもんじゃないの?」

と思っているかもしれませんし、

「いやいや、どれが一番とか人それぞれでしょ?」

と疑っているかもしれません。

 

 

でも、あえて言います。

 

現代広告の心理技術101が一番ですから!

僕がここまで自信をもって、たった1冊の本をオススメする理由は次の3つです。

 

  1. 業界の有名人たちがおすすめしている
  2. コピーライティングのおもしろさを感じられる本 
  3. 超詳しく解説している

 

現代広告の心理技術を読むべき理由 その1

コピーライティングにかかわる業界の有名人たちが、こぞってオススメしている本が現代広告の心理技術101です。

 

例えば、感情をグラグラ揺さぶる文章で1億円以上稼ぎだす、だいぽんこと濱田大輔さんが圧倒的におすすめしているのが「現代広告の心理技術101」。

 

例えば、コピーライティング一本でトップアフィリエイターに登りつめたみんてぃあこと新田祐士さんも「一度は読んでおくべき」とプッシュするのも「現代広告の心理技術101」。

 

コピーライティングで文章をお金にかえるプロたちが、こぞって同じ本をオススメしているんです。

 

みんながオススメしているだけあって、コピーライティングを勉強している人で「この本を読んだことがない」って人の方が少ないでしょう。

 

 

それくらいに定番の一冊なので、読んで間違いはありません。

 

 

現代広告の心理技術を読むべき理由 その2

コピーライティングの”おもしろさ”が分かるのも、この本をすすめる理由のひとつです。

 

そろそろ本の内容についても触れてみます。

一体全体、現代広告の心理技術には何が書いてあるんだ!?

というと、

 

正直、普通のコピーライティングのテクニックです。

(参考:現代広告の心理技術101の内容詳細

 

 

いや、もちろん、大事なポイントが網羅されていて、内容的にも文句なしに勉強になります。

 

でも、そういう点では「その他大勢の本」でも代替がきくわけです。

 

じゃぁ、その他大勢と何が違うのか?

 

 

現代広告の心理技術101の本文が、ぜーんぶコピーライティングを使って書かれているからです。

 

コピーライティングをコピーライティングを使って

めちゃくちゃ分かりやすく説明してくれる。

 

だから、読んでいて面白いんですよ。

 

他の本って、人を引き付ける文章であるはずの「コピーライティング」を説明しているのに、読んでいて眠くなるほど退屈な本もあるんですよね。

(いや、ホントに・・・)

 

 

その点、現代広告の心理技術の場合は、著者自身がスーパーコピーライターなのでやっぱり人を引き付けるのが上手!

 

いや、僕なんかが「お上手!」なんて言うのも恐れ多いですが。笑

 

コピーライティングの実例としてもおもしろいので、他の本とは頭一つとびぬけてると思います。

 

 

現代広告の心理技術を読むべき理由 その3

僕が無料で超詳しく解説しているのもこの本をプッシュする理由の一つです。(超手前ミソですね。笑)

 

3つの理由のうち、ここが一番大事かもしれません。

 

何を隠そう、僕、コピーライター角田正則が「心を操るコピーライティング講座」というメール講座で1ページ目から順番に超詳しく解説しているのです。

 

しかも、無料で!

 

 

自分で言うのもなんですが、というか、自分で言うしかないので仕方なく言うんですが、

そこらのメルマガなんかよりも2.5倍くらいは勉強になります。

 

「結局最後に自分の宣伝したいだけじゃないですか?

やってることサイテーですよ。角田サイテー。」

 

そう言われてもかまいません。

 

僕がここまでして執拗に自己PRをし続ける理由・・・

 

心を操るコピーライティング講座を読んでもらえれば分かります!

⇒メール講座への無料参加はこちらから!

 

 

以上!

 

というわけで、コピーライティングを独学で勉強したい人は

「現代広告の心理技術101」(と、心を操るコピーライティング講座)

を読みましょう!

 

 

現代広告の心理技術101のご購入は『ダイレクト出版公式購入ページ』から。

※Amazonでも販売されていますが、僕が調べたところ公式ページで買った方が安いです。 

 

 

でも、最後にどうしても言わせてほしいんですよ。

 

 

これ、ホントに読まないと本当に

 

ヤバい。

 

 

コピーライター

角田正則

 

 

【追記】コピーライティングおすすめ本ランキング

「現代広告の心理技術101以外でコピーライティングの独学におすすめの本はありますか?」

という質問が多いので、他にもおすすめの本を紹介しておきます。

 

ただし、インプットよりもアウトプットのほうが100倍大事だということだけはお忘れなく!

 

1位『現代広告の心理技術101』

これに関してはここまでに散々書いてきたので、もう大丈夫ですよね。

コピーライティングとかセールスライティングのテクニックを学ぶなら一番オススメの本なので、ランキングも1位です。

 

 

2位『最強のコピーライティングバイブル』

セールスコピーライティングの実例が豊富な本です。しかも事例が比較的新しくて、全部が「日本国内」の事例で、全部に解説がついています。これだけでも価値がありますね。

 

 

コピーライティングの学習方法として

  1. 抽象的な理論(テクニック)を学んで実践に活かす
  2. 具体的な成功事例から学んで実践に活かす

この2つのアプローチがありますが、「抽象から具体」「具体から抽象」の両方向から学べる、かなりの良書です。

 

本の内容やレビューについては「【現役セールスライター的レビュー】最強のコピーライティングバイブルは買うべきか?」の記事を読んでください。

 

 

『最強のコピーライティングバイブル』はAmazonで普通に買えます。

⇒Amazonの販売ページ

 

 

3位『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』

こちらの本は比較的新しくてセールスコピーライティングに興味がある人にとって、全体を俯瞰するには勉強になる本です。

 

この本の内容については良い所も悪いところも含めて『【レビュー・評判を検証】ウェブセールスライティング習得ハンドブック」の記事に詳しく書いていますので参考にしてください。

 

 

あと、この本については「ウェブセールス」について語った本だけに、売り方がウマイ。笑

 

こちらの販売ページを開くと、セールス動画が再生されるのですが、非常に購買欲求をそそる内容になっています。

本の内容も実践的で勉強になりますが、この動画をみるだけでも勉強になるんじゃないかと思います。

 

⇒『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』のセールス動画

 

※ネタバレ注意※コピーライティングのタネあかし

コピーライティングの無料メルマガへの登録ページへのリンク画像

 

 

実は、あなたが今読んでくれたこのブログ記事にも
様々なコピーライティングのテクニックを使っています。

 

この記事を最後まで読んだということは
知らない間にコピーライティングで
最後まで読みたくなるように心を動かされているのかもしれません。。。

 

そんな心を操るコピーライティングのタネあかしをしています。

 

おもしろくて奥深いコピーライティングのタネあかし、
のぞいちゃいますか?

 

⇒心を操るコピーライティング講座 ―0章―

 - コピーライティング基礎講座, コピーライティング教材, ネットビジネス売上UP , ,