コピリッチ|最高峰のコピーライティングで世界を豊かに。

コピリッチはコピーライティングを極めて、言葉の力を最大限に活用してビジネスを大きくして、世界に”価値”を提供するためのノウハウをつめこんだブログ。

*

情報商材・コンサルで詐欺を120%回避するただ1つの方法

   


【この記事を書いた人】住田辰範
セールスコピーライター。煽ることのない文章で商品が売れる自然体なライティングと、文章を使った自動収益化が得意。自身のコピーライティング技術をメルマガで全て無料公開していて読者は7000人を超えている。
 

 

情報を扱う全ての消費者と販売者に捧ぐ。

どうも、コピーライターのスミダです。

 

今回は

「情報商材・コンサルで絶対に詐欺被害にあわない方法」

をご紹介しましょう。

(といってもめちゃくちゃシンプルですが^^;)

 

 

 

僕は「コピーライター」といっても、書くだけが仕事ではありません。

 

仕事の一部として

他のライターさんに記事を委託したり、

コピーライティングの教材を販売したり、

ビジネスコンサルティングをしたりもします。

⇒コピーライターの枠に縛られない、ボーダーレスな働き方をしようよ!

 

「情報」が商売道具なので、

当然ながら常に情報を仕入れる必要があります。

 

実際に、興味のある情報商材はどんどん買いますし、

スゲー!って思う人がいればコンサルを受けます。

 

情報商材の販売とかコンサルティングって原価がかからないって言われますけど

実際のところは結構「情報の仕入れ」に結構お金を使ってたりします。

 

情報を仕入れようとすると、

「この情報商材は詐欺だ!!」とか

「この人のコンサルは詐欺っすわ」みたいな話が必ずあります。

 

というか、超頻繁にあります。

 

情報商材=詐欺だと思ってる人も少なくないでしょう。

 

高額塾だったり個人コンサルだったりも同じで、

情報を扱う商品は中身が分かりにくいぶん、

お金を払う前には「詐欺なんじゃないか?」と疑う人が多いです。

 

ほら、僕も疑われてますよ~。笑

kakuta

※Googleアナリティクスのアクセス解析の結果

 

 

怪しい、詐欺、犯罪といい感じにディスられてますね。

 

まぁ疑うのは自由です。

 

ただ、そんな心配性な人に、僕からのシンプルな提案です。

 

120%絶対確実に詐欺被害を回避できる必殺技を伝授しましょう。

 

情報商材は買わなければいい。

これですよ。

誰にでもできるしシンプルな方法です。

 

コンサルティングは受けなければいい。

人に教わるんじゃなくて、自分で頑張りましょうよ。

 

 

情報商材やコンサルティングや高額塾に限らず、

商品を買うときにリスクってつきものじゃないでしょうか?

 

 

 

僕はこの前新しいパソコンを買ったのですが、

きちんとスペックやレビューを調べても、期待してたものとは違います。

 

「え、キーボードの反応があんまりよろしくないんですけど」(実話)

 

「USBをさすところがないんですけど」(ノンフィクション)

 

みたいな感じ。

 

 

でも、そもそも期待と多少違うのは当たり前なので

特にクレームをいうつもりもありません。

 

 

形のあるパソコンであってもこんな具合なので、

無形の商品だったらなおさら期待とのギャップはありますよ。

 

当然、期待値を下回るリスクもあります。

 

そのリスクが許容できないのであれば、そもそも最初から買わなければいいだけの話です。

 

詐欺にあおうとゴミをつかまされても情報が必要なんでしょ?

僕自身、色んな情報商材を買ったりとか

色んな人のコンサルをうけたりセミナーにいったり

情報収集にはそれなりのお金と時間を投資しているつもりです。

 

もちろん中には期待してたほどのものじゃないものもあります。

 

「これはやりすぎっすわ。笑」

と言いたくなることもあります。

 

 

 

でも、そういった情報の価値の判断って、

あくまでも僕の主観的な判断であって

その情報の客観的な価値じゃないんですよね。

 

 

僕がゴミだ!詐欺だ!と切り捨てたその情報商材は

誰かの人生を変えるノウハウを提供してるかもしれないってことです。

 

そんなもんですよ。

 

そんな経験を繰り返しながらも、僕がひたすら情報商材を買い続けて、

様々なコンサルタントに教えを乞うのは

 

多少のリスクをとってでも情報が必要だからです。

 

最初にお話ししたとおり、僕の仕事は情報を扱います。

 

情報は空から降ってくるわけでもなく、

天使が隣でささやいてくれるわけでもなく、

自分で取りに行くしかありません。

 

Googleで調べてものってなさそうなことはお金を払って買いに行きます。

 

 

例えば、僕はSEOについて勉強したかったので、

別にコンサルタントでもないN氏に無理をいってSEOを10万円で教えてもらいました。

 

別にコンサルタントをしてるわけじゃないので、まとまった教材があるわけでもなく、

実際に質問したのは10回未満だと思います。

 

それでもN氏のおかげで僕のブログにはちょっとずつアクセスが集まるようになったし、

1000万円以上の付加価値を得ることができました。

(N氏、ありがとうございます!)

 

情報商材とコンサルで100万円消費したところで一瞬にしてペイできます。

 

他にも30万円のコンサルを受けて、2時間くらい喋ったのと

質問1回しただけのときもありましたが、

視野も広がったし、そのコンサルタントの先生とつながりができたから

十分に値段を上回る価値を感じた、ということもあります。

 

直接質問してアドバイスがもらえるということにはめちゃくちゃ価値を感じます。

(あくまでも僕の価値観ですが)

 

情報商材だって、本当に人生を変えてくれた良質なものもありました。

 

 

 

別に情報商材がいいとか悪いとかではなくて、

詐欺まがいのものもあるというリスクを許容したうえで購入したらいいんじゃない、という話です。

 

多少のリスクをとったって、ビジネスに情報は必須ですから。

 

 

つまりは、こんな感じのことを調べる人は

kakuta

最初から情報にお金なんて払わない方がいいです。

 

お金に余裕があるならまだしも、

お金に余裕がないなら、なおさら辞めたほうがいいです。

 

ちなみに、一応言い訳しておくと、

僕に犯罪歴はないですし、詐欺で訴えられたこともありません。

 

とらえ方は人それぞれだと思いますが、

自分なりに誠実にビジネスに取り組んでいるつもりです。

 

詐欺師だという自覚もなく、愛する妻とささやかな幸せを大事にする自称愛妻家です。

 

心を操るコピーライティング講座の下の方に

メルマガ読者からの感想をそのままのせていますので

疑う人もいれば信じてくれる人もいるってことがわかると思います。

(※以上、自己弁護)

結論

長々と書いてきましたが結局のところ、

「お金を損するんじゃないか?」と心配するくらいなら

情報にお金を払わなかったらいいんですよ。

 

逆に、もしかしたら失うリスクもあるけど「それでもいいや」って思えるなら

どんどん情報に投資していくといいと思います。

 

 

最後に、情報を売る側の人たちへ

僕はたとえ期待値以下のクオリティであっても、

情報商材は買うし、コンサルティングをうけることもやめません。

いわゆる高額塾にも入るでしょう。

 

どうしてもネットではネガティブな意見が目立ちますが、僕みたいな人間もいるんです。

 

「この人に色々と教えてほしいな~」と思う人が

コンサルをしてなかったら非常に歯がゆいですし、

 

怪しい情報商材が消滅したら、情報収集のときのドキドキがなくなってしまいます。

 

是非ともあなたの知識と経験をどんどん売っていってください。

 

世間がなんといおうと、情報が売買されなくなったら僕が死ぬんで。笑

 

なにとぞよろしくお願いします。

 

ラブ&ピース

 

続いてこちらの記事もどうぞ↓

ネットビジネスやる人が120%イマイチな理由

※ネタバレ注意※7852人が知ってるコピーライティングのタネあかし

コピーライティングの無料メルマガへの登録ページへのリンク画像

 

 

 

実は、あなたが今読んでくれたこの記事にも様々なコピーライティングのテクニックを使っています。

 

バンドワゴン効果やツァイガルニク効果、メリットとデメリットの両面提示などなど…

 

読者に共感してもらい、人を動かす文章のマニアックなテクニックを無料で公開していますので、「心を操るコピーライティング講座」を読んでみてください↓

 

⇒【完全無料】心を操るコピーライティング講座 ―0章―

 

 

 

◆LINEでも最新情報をお届けしています!

 

LINE友だち追加ボタン

 

 

 

◆ライティングやWebのこと気軽にお問い合わせください!

 

  • セールスレター・LP・HPなど「費用対効果」にこだわったWeb制作
  • あなたがお持ちのブログ・HPの添削と改善案のご提案
  • ライティングやWeb集客の個人・企業コンサルティング

など、言葉とWebの力でビジネスを拡大するお手伝いをさせていただきます。

 

⇒提供中のサービス詳細やお問い合わせ・ご依頼はこちらから

 

 

 

 - コピーライティング教材