コピリッチ|最高峰のコピーライティングで世界を豊かに。

コピリッチはコピーライティングを極めて、言葉の力を最大限に活用してビジネスを大きくして、世界に”価値”を提供するためのノウハウをつめこんだブログ。

*

ブログ初心者は要注意!95%のブロガーが一度は失敗するブログの書き方

      2016/06/24

pen-631321_640

うも、コピーライターの角田です。

 

今回は、ブログを開設したばかりの新米ブロガーがほぼ間違いなく失敗しちゃうブログの書き方についてお話します。

 

今回の記事を読んで、ちゃんと実践してもらえれば、「最後まで読まれるブログ」を書くことができますので、「ブログの書き方がわかんないっ!」とお悩みの方は最後まで読んでみてください!

 

本題に入る前に、ブログにおける厳しい現実を知っておいてください。

 

世の中にある全てのブログは大きく2つに分けられます。

 

  • 読まれるブログ
  • 読まれないブログ

 

この2つです。

 

当たり前と言えば当たり前ですが、読まれないブログは本当に読まれません。

 

アクセス数はそれなりにあるというブログでも「読まれているか?」というのはまた別問題です。

 

いくらアクセスがあってブログに来てくれても、入り口に入った瞬間に換えられちゃったら残念ですよね。

 

僕たちはアクセス数のためにブログを書いているんじゃなくて、伝えたいことがあって、読んでもらいたいから書いてるはずです。

 

 

というわけで、今日お伝えするのはアクセス数を増やすのではなくて、「読まれるブログにするための技術」です。

 

読まれるブログにするための技術とは?

 ブログを始めたばかりの頃って、特にアクセス数ばっかり気になるんですが、100人にサラッと流し読みされるよりも、たった3人でも真剣に読んでもらいたくないですか?

 

どうせ最初からたくさんアクセスが集まることはないので、最初のうちから「読まれる文章」を書く練習をしておきましょう♪

 

 

ではでは、どうやったら読まれる文章になるんでしょう?

 

これから具体的な方法をご説明します。

 

細かいことを言いだすと色々あるので詳しいところは他の記事も読んでもらえると嬉しいのですが、今回はブログ開設したばかりの初心者のぼぼ全員が間違ってしまうポイントについてだけご紹介します。

 

 

ブロガー初心者が気を付けるべき、読まれるブログにするためのポイントは

 

「みんなに向かって書かないでください!」

 

ということです。

 

あなたはこんなことを考えたことがありませんか?

↓ ↓ ↓

  • ブログは日本全国に公開されるから、ヘタなことは書けない・・・
  • みんなに読んでもらうためにはどうしたらいいんだろう?
  • とりあえず書き出しは「読者のみなさん、こんにちは!」かなぁ・・・う~ん。。

 

こんなことを考えている人には申し訳ないのですが、「みんな」がブログを読むことはありません。

 

たとえば、料理ブログを書いていたとしたら、読むのは料理に興味のある人だけです。

 

 

もっと言うなら、「みんな」という人は存在しません。

 

 

誰もがそれぞれの人生を、「たった一人」で生きてるわけで、電車の中でスマホをぼんやり眺めるのも「一人」、家のパソコンでブログを読むときも「一人」。

 

それなのにブログを開いた瞬間に

「みなさん、お元気ですか?」

なんてことが書いてあったらどうでしょう?

 

「みなさんって誰!?!?!?」

ってなっちゃいますよね^^;

 

読者からすると、「みなさん」と言われた瞬間に自分事ではなくなり、自分には関係ない「他人事」になってしまうのです。

 

 

たったの一言ですが、読者さんに呼びかけるときの言葉を「みなさん」から「あなた」に変えるだけでそのブログの記事を”自分事”としてとらえてくれるんです。

 

  • 他人事として読まれるか?
  • 自分事としてよまれるか?

 

この違いは大きいですよね。

 

 

で、ここで勘違いしてもらいたくないのは

「そっか!”みんな”じゃなくて”あなた”を使えばいいんだ!」

と、単純なテクニックととらえてほしくないのです。

 

 

大事なのは、細かい言葉遣いではなくて、

「”みんな”じゃなくて”たった一人”に語り掛ける」

というスタンスの話なわけです。

 

 

たとえば、今日あった出来事の日記を書くとしましょう。

 

【具体例】”みんな”に向かって日記を書くと・・・

みなさん、こんにちは!

今日はいかがお過ごしでしょうか?

 

今日はちょっと悲しいことがありました。

 

仕事で大きな失敗をしてしまって、部長にはこっぴどく怒られるわ、同僚に迷惑をかけるわ、散々な一日でした。

 

完全に私のミスだったのでもっとこれからは・・・(続く)

 

 

【具体例】”たった一人のあなた(お母さん)”に向かって日記を書くと・・・

ちょっと聞いて!最悪!!

ホント、散々な一日。。。

 

仕事で大失敗して、部長に怒られるわ、同僚にも迷惑かけるわで、凹みまくった・・・

(なぐさめて。笑)

 

なんでこんなことになったかっていうと・・・(続く)

 

 

 

・・・どうでしょうか?

 

”あなた(お母さん)”に向かって書いた文章の方が、

「この文章は自分に語りかけている!」

って感じませんか?

 

 

今回の例では「お母さん」に話すつもりで書きましたが、実際にブログを書くときには、そのブログ記事を一番読んでほしい一人の顔を思い浮かべながら書くといいです!

 

ちなみに、僕のこのブログ記事はブログ初心者の”あなた”たった一人に向けて書いてます。笑

 

 

細々としたブログの書き方のテクニックは

僕の作ったブログの書き方マニュアル

Dynamite Program for your Blog(DPB)

で、一通りご紹介しています。

 

DPBだけ読んでもらえれば、ブログ初心者に最低限必要なブログの書き方は学べるようになっています!

 

 

ではでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

コピーライター

角田正則

※ネタバレ注意※コピーライティングのタネあかし

コピーライティングの無料メルマガへの登録ページへのリンク画像

 

 

実は、あなたが今読んでくれたこのブログ記事にも
様々なコピーライティングのテクニックを使っています。

 

この記事を最後まで読んだということは
知らない間にコピーライティングで
最後まで読みたくなるように心を動かされているのかもしれません。。。

 

そんな心を操るコピーライティングのタネあかしをしています。

 

おもしろくて奥深いコピーライティングのタネあかし、
のぞいちゃいますか?

 

⇒心を操るコピーライティング講座 ―0章―

 - ブログの書き方 , ,